検針第4回目 と、太陽光発電

8月に入り、青森市内は暑い日が続いています
しかし明日からはお盆休みです!
青森はお盆が過ぎればすぐ秋(もはや冬?)が来るのでしょうね~

それでは7月分の小形風力発電の発電量です。
7月1日~7月31日の31日間の発電量は
133kWh、売電金額は7,900円でした。

発電所での平均風速は、1.15m/sでした。
体感で言えば、そよ風状態だったようで 一段と発電量が下がっています・・・ヽ( ´_`)丿季節が関係しているとは言え残念。


そして今日はタイトルの通り、太陽光発電についても紹介します!
実は小形風力発電機の隣では太陽光発電もやっています。

こちらの太陽光発電は、発電パネルが1,386枚あり、
最大出力が415.8kWとなっています。
(※小型風力2基で9.8kWなので、規模にだいぶ差があります)

太陽光発電は今年4月22日から売電を開始し、
発電量・売電金額は

4/22~5/15(24日間)  44,570kWh  1,732,881円
5/16~6/13(29日間)  57,810kWh  2,247,652円
6/14~7/12(29日間)  47,680kWh  1,853,798円

と推移してきています。
買取単価は38.88円/1kWhと、小形風力の買取単価59.4円/1kWhより安いですが
良い天気のおかげで、この3ヶ月間は予想以上の売電量となっています。

引き続き、小形風力発電と太陽光発電の売電量を載せていきたいと思います!



※太陽光パネルの写真を撮り忘れたので、次回ご紹介します~!




スポンサーサイト